• 〒344-0067 埼玉県春日部市中央4丁目8-12 AYAKAビル1階
MENU

禁煙外来・睡眠時無呼吸症候群(SAS)

Medical

禁煙外来・睡眠時無呼吸症候群(SAS)|埼玉県春日部市の内科・呼吸器内科・アレルギー科・小児科|ますだ春日部クリニック|土日診療

MEDICAL

禁煙外来・睡眠時無呼吸症候群(SAS)

禁煙外来

喫煙は、生活習慣病や肺がんといった重篤な病気との因果関係が指摘されています。今まで、禁煙に挑戦し失敗された方も多いと思います。健康保険で行う禁煙治療は、お一人の努力だけではなく、禁煙補助剤の使用や医師、看護師の指導、アドバイスを受けて治療が進められますので、ご検討中の方はお問い合わせください。
※禁煙治療は3ヶ月で5回の通院プログラムとなり、禁煙成功率は約70~80%です。

禁煙外来を受けるには

35歳以上の方は、下記の1~4の条件を満たしていれば健康保険で禁煙治療を受けられます。35歳未満の方は、下記の1、3、4の条件を満たしていれば健康保険で禁煙治療を受けられます。

  • ①タバコ依存度スクリーニングテスト(TDSテスト)で5点以上
  • ②1日の喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)が200以上
  • ③直ちに禁煙することを希望し、禁煙治療を受けることを文書により同意している(当院では問診票に記入)
  • ④初めて禁煙治療を受ける、もしくは前回の禁煙外来(保険診療による)初回日より1年以上経過している

※条件を満たしていない項目があった場合、健康保険で治療を受けることはできません。

※禁煙治療は12週間で5回通院のプログラムとなっています。スケジュールどおりに来院できない場合、保険診療での治療は中断となり、以降の治療は自費診療とさせていただきます。
(再度保険適用になるには治療初回日から1年以上経過する必要があります。)

禁煙外来の流れ

1

喫煙状況やニコチン依存度、禁煙の関心度などをチェックし、呼気中一酸化炭素濃度などを検査します。その後、病状に合わせて治療方法をご説明します。

2

詳細に診断を行った上で禁煙開始日などを決定し、禁煙補助薬を処方します。

3

定期的(およそ2週間~4週間おき)に来院し、禁断症状の確認や対処法などをカウンセリングしながら、治療を進めていきます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

成人の場合、いびきをかく人で、1時間に5回以上睡眠時無呼吸があり、日中に強い眠気や集中力低下などがあると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
診断には睡眠検査を行いますが、多く見られるのは、のどが塞がって起こる閉塞型睡眠時無呼吸です。扁桃腺が大きい、顎が小さいことや肥満が原因となります。
主な治療には、CPAP(シーパップ)という治療器械をもちいる方法、マウスピースを夜間装着する方法とのどを広げる手術があります。この病気は、日中の眠気、熟睡感がない、頭痛や夜間の頻尿などの症状の他に、高血圧症や心臓病や脳血管疾患を悪化させるのでできるだけ早く診断し、治療を始める必要があります。

主な症状

寝ているとき
いびきをかく、呼吸が止まる・むせる、息苦しさを感じる、息苦しくて目が覚める(トイレに起きる) 、寝相が悪い、寝汗をよくかく
起きたとき
頭が痛い、口が乾いている、いくら寝ても疲れが取れない、熟睡感がない、体が重く感じる、起床時にスッキリしない
日中の起きているとき
日中の強い眠気、だるさや倦怠感、集中力の低下、記憶力が低下してきた、いつも疲れている、居眠りで交通事故を起こしかけたことがある

初診の流れ

一般的な流れを紹介します。個々の症状や事情により治療計画を作成していきますのでご安心ください。

1

受付・問診票の記入

来院しましたら受付に保険証や診療情報提供書(持参された方のみ)を提示してください。診療申込書兼問診票をお渡ししますのでご記入し、終わりましたら受付スタッフにお渡しください。
※出来る限り詳しくご記入してください。特に他の医療機関にかかっている方は受診されている医療機関名、病名、処方内容など教えてください。

2

事前問診

記入した問診票をもとに、医師の診察の前に専門スタッフが事前問診を行います。睡眠障害はストレスなどの心の問題のほかに口や鼻から肺までの空気の通り道がきちんと確保できているか等の器質的な問題が密接に関係しています。したがって不眠に関する問診は精神面、身体面に渡り多角的に15分~30分ほどお話をお聞きします。他院に受診中の方で何らかの処方を受けている場合は事前にスタッフに申し出てください。

3

診察・検査

問診でお聞きしたことをもとに、医師が診察を行います。事前問診に加えてさらに深く医師がお話をお聞きします。お話を踏まえて睡眠薬の作用、睡眠不足が引き起こす諸問題などを説明していきます。
次に個々の睡眠障害に対応するために必要な検査を行います。

4

睡眠検査のご説明

実際の睡眠状態を把握するために自宅で行う睡眠検査(終夜睡眠ポリグラフィー)を行います。専門スタッフにより装着の仕方、正しく検査を行うための注意点の説明、次回の検査結果説明までの日程調整を行います。
今後の治療を行う上で、他の身体的な問題がないかどうかを把握しておくことは重要ですので、出来る限り実施されることをお勧めします。