• 〒344-0067 埼玉県春日部市中央4丁目8-12 AYAKAビル1階
MENU

ブログ

Blog

ブログ|埼玉県春日部市の内科・呼吸器内科・アレルギー科・小児科|ますだ春日部クリニック|土日診療

長引く咳

■長引く咳【せき】

咳が止まらない、咳が長引く

咳は、生活に支障をきたす症状の一つです。当院では、咳について診断と治療に努めています。

発症より3週間以内は急性の咳、3~8週間未満を遷延性の咳、それ以上を慢性の咳としています。期間が短い急性の咳は、ウイルスや細菌の気管支への感染が原因のことが多く、期間が長くなるにしたがって喘息、アレルギー、間質性肺疾患(肺が固くなる病気)など非感染性の咳が増えます。

また、痰を伴う咳か否かで乾性咳と湿性咳に分類されています。これらを診断の指標にします。

 

①乾性咳(痰が出ない咳)

急性の咳:一部ウイルス感染(コロナウイルス含む)、気胸

慢性の咳:百日咳、逆流性食道炎、間質性肺疾患(間質性肺炎、自己免疫がかかわる肺炎、薬剤による肺炎、アレルギーによる肺炎など多種多様)

 

②湿性咳(痰が出る咳)

急性の咳:ほとんどのウイルスや細菌感染による気管支炎・肺炎、心不全

慢性の咳:喘息、慢性気管支炎や肺気腫、結核や非結核性抗酸菌症、気管支拡張症

 

診断

①問診

喫煙歴、年齢、感染症の接触、住居、症状出現の時間、鼻の病気の有無(蓄膿症など)、アレルギー、家族の症状などが重要となります。問診で診断ができる疾患も多く、咳もその一つです。診断に難渋したときは何度もお話すことで診断に至ることもあります。

 

②胸部レントゲン

非常に重要な検査です。上記の様々な疾患の鑑別や除外に使用します。特に、肺炎、肺がん、結核、非結核性抗酸菌症、間質性肺疾患、気胸や心不全などに有用です。

 

③採血

アレルギー検査、血中の好中球や好酸球濃度、炎症や感染症有無や間質性肺疾患(KL-6)など診断に有用な項目を検査します。治療経過や治療の副作用の評価でも必要な検査です。

 

④呼吸機能検査

喘息や肺気腫など気管支の狭窄や肺の硬さや大きさを調べるのに有用な検査です。

 

⑤治療的診断

喘息や咳喘息を疑うときは、気管支拡張剤の吸入などを発作時に行い、効果判定を行い診断に至ることもあるます。抗ヒスタミン薬の内服などで効果を評価することもあります。

 

⑥各種、抗原や抗体検査

新型コロナウイルスなどもそうですが、鼻腔、口腔粘膜、採血や唾液で診断が可能です。インフルエンザの抗原検査などが有名です。

 

⑦喀痰検査(細胞診)

痰の細胞を調べます。喘息や気管支のがんを評価できる場合もあります。

 

⑧気管支鏡検査

気管支の内腔をファイバーで観察する検査です。

上記検査で診断に難渋する場合など行うことがありますが、侵襲が強く施行はまれです。

 

治療

原因治療が第一ですが、対症療法として咳止め、痰切り、抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬やステロイド薬)や気管支拡張薬の貼付内服や吸入などを行います。しかしながら、具体的な治療内容は診断次第となります。

 

当方は、呼吸器内科のため他院より紹介いただいた咳や痰などの患者さんを多く診療してきました。危険な疾患が隠れていないのか、その咳が本当に病気として治療すべき咳なのか、そこまで踏み込んで診断いたします。

 

咳は、人間にとって必要な反射の一つです。食事毎にむせる高齢者の方に、咳止めを出すような治療はしてはいけません。

よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ